贈る自分史「家族遺産」と傾聴ボランティア「昔語り」、春夏秋冬の「花」に想いを込め
独立、起業に繋ぐ「私」の備忘録
page top



  

  

Check
スポンサーサイト [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top



  

  

Check
刻々と [100歳人生!]

金曜に取材した埼玉のホームは、今回で二度目の訪問でした。

前回訪れたのはちょうど2年ほど前、Hさんの100歳取材のときでした。

毎回、過去に訪れたことのあるホームには、
その時作らせていただいたアルバムを持参していて、
運良くご本人にお会いできるときがあります!

ご本人はアルバムのことを全く忘れていたりするんですが、
こちらはまた再会できただけで、もうかなりテンションが上がってしまいます!


今回もそんな期待を胸に、Hさんのアルバムを持参して訪問しました。



すると、当時のホーム長さんは別の方に変わっており、

「Hさんはいらっしゃいますか??」

とおききすると、

「いやぁ、もうお亡くなりになったんですよ。」

とのお返事が。

ホーム長さんが移動してこられた際には、
もうHさんはおらず、お会いしたことがなかったとのことでした。


なんだか、まるでホームがあの時とガラリと変わってしまったような感覚になったんですが、
やはり時が経てば、いろいろなことが変化するもので。

Hさんのように、過去にアルバムをお作りした方のなかでも
何名か、こうした事実を耳にし、何とも言えない気分を味わいます。


また、取材後、完成にあとわずか間に合わずして
お亡くなりになってしまった方もいらっしゃいました。

つくづく、時間を争う仕事なんだなぁと感じます。



私が今、手にしているHさんのアルバム。
なんだかとっても重みを感じます。

いつまでも、私の本棚にかざってあります。







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ ギフト・贈り物へ
Copyright © 2011- 花笑み家族! 父・母・祖父母に「お話し聞かせて」プレゼント.
Page top
FC2 BLOG
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。