贈る自分史「家族遺産」と傾聴ボランティア「昔語り」、春夏秋冬の「花」に想いを込め
独立、起業に繋ぐ「私」の備忘録
page top



  

  

Check
スポンサーサイト [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top



  

  

Check
贈り物の実験(5)結果レポート? [花笑み!]
でも、よくよく状態を見てみると、
作ったときと全く同じわけではなく、
バラの芯がちょっとやわらかくなっていたり、
花と花の間の隙間が少し広がっていたり…

写真では同じように見えるんですが、
やっぱり触った感じとか、重みとか、
全体の様子が微妙に変化していることに気づきました。

この微妙な違いであっても、
相手に届く頃には、決して作ったときそのままの状態ではないんだ
ということを体感できたのが良かったです。

仕事中でもふつうに、作りたてのときに
「かわいい!! これはいい!」なんて思ったりするけれど、
一番の届け先の手元に付く頃を思うと、
どうにもならないタイムラグがあるわけで、
ここを冷静にふまえておかねばと実感しました。

そして、きっと、生産者の側の人たちも
こういう歯がゆい思いをしたりするんじゃないかなと思いました。

やっぱり、新鮮で旬の状態を一番に届けたいけれど、
卸先にしても、そこに届くまでにはどうしても時間がかかってしまいますよね。


とにかく、相手に届くものは、
手元にあった時と全く同じ状態ではないということ。

今更ながら、これを身を持って知ることができました。


ではどうするか?


そんなことをくどくど考えていると、
届け先に伝えたいこと、知ってもらいたいことは何なのか?
というのがすごく重要になってきます。

…いろいろ工夫の余地が出てきます! 
いろんなアイディアが浮かんできて、ちょっとわくわくしてきます。


まずは、やってみて良かった!
とにかく実践するのみ。
収穫ありでした!


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ ギフト・贈り物へ
Copyright © 2011- 花笑み家族! 父・母・祖父母に「お話し聞かせて」プレゼント.
Page top
FC2 BLOG
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。