贈る自分史「家族遺産」と傾聴ボランティア「昔語り」、春夏秋冬の「花」に想いを込め
独立、起業に繋ぐ「私」の備忘録
page top



  

  

Check
スポンサーサイト [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top



  

  

Check
各家庭に一冊あったら… [贈る自分史/家族遺産!]
4日は要町にある病院へ、親戚のお見舞いに行ってきました。

父親の姉の旦那さんにあたる方で、
小さなころからおうちに遊びに行くと、
いつも優しく迎えてくれる姿が印象的でした。

どうも肺がんだそうで、病状が急に悪化してしまったとのこと。

最後に会ったのは、確か去年のちょうど今頃だったはず。
その時は自分の足で歩けていたのだけど…



その日は、仕事前に急遽お見舞いに行くことになったので、
持って行く物が全然準備できなくて、どうしよう!!
と思ってたんです。

で、出掛けに、とりあえず乾杯アルバムを持って行こう!
と本棚から抜いてきました。

確か、両親の結婚式のページに親族一同の集合写真があったから、
そこに父の姉夫婦も写っていると思って、それをお見せできたらいいなと思いました。

そうして行きの電車のなかで写真をチェックして、
1ページ目から最後まで、また改めて読み返していたら、
また一人でじわっと感動してしまいました!

手前味噌ですが、これは本当にいいもの!!

読んでいる間、完全に両親の若い頃の思い出にタイムスリップしていました。

こういうものが各家族に1冊あったら、絶対にいいよなぁと思いました。
家族円満につながるし、家族の絆を再確認できるというか。

この本を作ってから間もなく一年!
今年も結婚記念日には、両親にこの本を開いてもらうように
しようと思っています。


お見舞いでは、結局お見せできるほどの余裕がなく、
起き上がることもできず、とても切ない状況でしたが、
会いに行けてよかったです。
握手をしてくれました!


夜仕事が終わって、店長と帰っている時、
たまたま私のカバンに入ってる乾杯アルバムが見えて、
「なにこれ!?」
となって、店長に見せたら
「すごーい!!」
と感動してくれて、お花ともコラボできたらいいねと盛り上がって帰りました!

本当に作って良かった!

第二弾はどんなテーマにしようかなぁ…



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ ギフト・贈り物へ
Copyright © 2011- 花笑み家族! 父・母・祖父母に「お話し聞かせて」プレゼント.
Page top
FC2 BLOG
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。