贈る自分史「家族遺産」と傾聴ボランティア「昔語り」、春夏秋冬の「花」に想いを込め
独立、起業に繋ぐ「私」の備忘録
page top



  

  

Check
スポンサーサイト [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top



  

  

Check
傾聴、リアルな感想 [昔語り/傾聴ボランティア!]
「介護の日」企画・「昔語り」の実施レポートを改めて読んでいるのですが、
なかには、すごくリアルな感想もあって、興味深いです。



「スタッフと話すことは何もない。
昔の話なんかどうでもいい。今が大切と苦情のみ。」



あるご入居者さまから聞かれたコメント。

こういう率直な気持ちだって、そりゃぁあるわけで。

それぞれ、色んな思いを抱えて、色んな考え方を持ちながら
過ごされていることを実感します。


私が学生時代、ある老健施設でホームヘルパーの実習をしていたとき、
いつも屋上でタバコを吸うという男性に付き添うことになり、
屋上まで、一緒にエレベーターに乗ったんですね。

その間、その方の家族のことについて、なにか私から質問したんです。
(内容はよく覚えていないんですが)

すると、明らかにその男性の表情が険しくなり、
「家族のことなんて、そんなこと簡単に聞くもんじゃないよ」
みたいなことをビシッと一言言われ、
エレベーターのなかで凍り付いた記憶が
今ふとよみがえりました…!

あの時は本当に怖くて、「しまった…」と
ものすごく自己嫌悪に陥ったような覚えがあります。
懐かしいなぁ。。

皆、色んな思いを抱えて、色んな考え方を持ちながら過ごされていること。

その方に向き合うときには、このことを忘れず、
とにかく先入観を持たずに自分を無にするような感覚で
接しようと心がけています。

が、まだまだ未熟なのは否めないので…
日々精進するのみです。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ ギフト・贈り物へ
Copyright © 2011- 花笑み家族! 父・母・祖父母に「お話し聞かせて」プレゼント.
Page top
FC2 BLOG
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。